スポンサーリンク
底辺エピソード

自分は引きこもりの40代男。今日作業所に来れているのは奇跡である

今年の㋃下旬までは何とか作業所に来れてたのだけど、体力的にしんどくなって休んでしまった。その後は、作業所にも行くことができずに、家で煙草を吸うか寝るか親の飯を食べるだけだった。 基本的に寝ていた。作業所に行けなくて...
底辺エピソード

教科書を忘れただけなのに、今も忘れられないクズエピソードに…

自分がクズだと思ったエピソード 中学生の時、古文という授業がありました。古文は国語の授業中にやるもので、正確には覚えていませんが、年に数回か十数回程度しか授業が開かれない、そんな珍しい科目でした。 事件が起こ...
底辺エピソード

なぜか【仕事ができるキャラ】に…。取り繕った退職までの日々

私は現在は専業主婦ですが、1人目の子供を出産する前は大手総合商社の営業アシスタントとして働いていました。新卒の頃から働いていて約9年、同じ会社に勤めていました。新人の頃から配属されたのは営業部で、しかも花形といわれている部門内の部署...
スポンサーリンク
底辺エピソード

【子供嫌いの自分】が行った行動が自分でもとてもクズだと思います

私は特に子供に対してクズだなと思います。大人は弱い存在、大人は子供に優しくしないといけないみたいな考え方が大っ嫌いです。なぜなら子供って純粋がゆえに意外と残酷だからです。 大人と違って遠慮と言うものを知らないし、お世辞...
底辺エピソード

【仕事の失敗】を同僚に押し付けてしまった自分はクズ

仕事の時に、自分がした失敗なのに責任を同僚に押し付けてしまいました。同僚が代わりに先輩から叱られているのに、見て見ぬふりをしてしまった自分は本当にクズだなと今でも思っています。 入社3年目の頃、私の向かい側の席に同期入...
底辺エピソード

【仕事を辞めたがっている後輩】を自分の都合で引き留め彼女の人生を邪魔した自分

私の職場にはローテーションがあり、新人として配属されると中堅になるまで、4年に一度の間隔でいくつかの部署に異動します。職場に不満の人間関係や待遇に持っている女性の後輩がいて、転職しようかどうしようかと悩んでいました。しかし彼女は私の...
底辺エピソード

【人を嫌うと人に嫌われる】私はそれで仕事を辞める事になりました

昔の自分を振り返ってみると、「本当に自分ってクズだったな~。」と今振り返ってもかなりそう思います。具体的にそのエピソードを少しご紹介しますね! 以前、とある工場で勤務をしていました。その仕事は、パート社員として働いてい...
生活

リコールをお願いしたディーラーが底辺だった話

以前乗っていた軽自動車がリコールの対象になった事が有りました。早く修理に出せばよかったのですがうっかりして期限切れになりました。ディラーにまだ修理出来るのかと問い合わせると、とにかく持って来てみて下さいとの事だった。 もって行...
債務整理

【過払い金請求】はどこにお願いすればいい?

【過払い金請求とは】 過払い金請求とは、支払いすぎた利息を返してもらうよう交渉したりする手続きを指します。 以前は貸金業法の上限金利を利息制限法の上限金利を超える状態にありました。 この金利差をグレーゾーン金利と言います。...
転職

夢だった海外生活も現実は甘くはない【海外での職探し】文化の違い

私の今までの仕事経験はコンビニバイト、ホームセンターのレジ打ちなどいろいろなバイトをしていました。 その後、臨時保育の仕事をしていた頃。このまま、保育を続けていくのだろう思っていましたが、私には一つの夢がありました。 ...
スポンサーリンク