ギャンブルの借金でも【債務整理】できる?

ショッピングでもギャンブルでも内容に関わらず、今ある借金を現実的な返済プランで弁護士さんに介入してもらって、纏めていただく事が債務整理で自己破産とかではないので、勿論債務整理は可能です。

貸主も金利はカットされるにしても踏み倒されるよりは、当たり前ながら返済はして貰いたいものなので、大半が債務整理に応じてくれますので、借金の原因が何であっても臆せずすぐにご相談される事を心よりお勧めします。

まずは弁護士事務所に相談してみましょう

どの弁護士さんでも取り扱ってはくれますが、時代も時代でニーズが非常に高いので、債務整理を専門でやられている弁護士事務所も多く、そちらに1度問い合わせをしてみることからスタートしてみてください。

基本的にはそこで電話で軽いヒヤリングをして、余程難しい事案がない限りは実際に出向いて詳細のヒヤリングとシュミレート、費用や注意点の説明があります。まずはその費用をお支払いして支払いが終わった後に、債務整理の金額の返金となります。

費用は借り入れ社数と金額に準じてになります。費用をお支払いしてる間はまだ本格的に着手はしておらずら示談は成立してないものの、その間の取り立てとかは止めて下さるので、前に進んで解決してるんだと気持ちが軽くなると思います。そこで支払いが終わったら、示談に入り成立したら、実際の借り入れ先に毎月決まった額を返済していく形となります。

注意点としては現実的な返済計画に基づき、しっかり返済して信頼を得る必要があるので、ここでまた返済出来ないとかになると一括返済義務が生じる可能性が高くリスクが高いので、必ずしっかり更生も踏まえて返済を滞らず行う必要があります。

また、5年程度の期間はローンやクレジットカードの作成は難しいため、現金のみでの生活になります。更生するためというのが一つの目的なため、在るべき形ではありますが全くカードが使えないと、カードでしか買えないネットショッピングなど案外弊害もあるものです。

仕方ないことですが、そこは覚悟をしておく必要があります。また周りにバレることはないですが、結婚とかをする場合ローンが組めないため、車や家は勿論ながら大きい買い物や、子供さんにかかる可能性がある場合は、しっかり考えて計画的に対応するか素直に伝えるかしかないです。何かで明示されるものではないですが、新婚旅行とかでカードがない、作れないことを不審がられて気づかれ揉めるとのケースも少なくないので、パートナーがいる方はそこも念頭に置いておくといいと思います。

その他、投資の失敗などでも債務整理は可能?

弁護士事務所を通じて借り入れ先に示談をするのが第一前提かつ必要なので、ショッピングやローン、ギャンブルでも余程の金額や余程悪質なものでなければ債務整理可能ではありますが、それを呑むかは借り入れ先によるので、依頼する事務所と借り入れによります。
必ずしもということではありません。

そのため、実績や評判がいい債務整理専門の事務所がいいですし、かつ金額や滞納期間がかさむ前に早めに返せないと思ったら、相談し債務整理を進める事が重要になってきます。
払えずキャッシングやまた債務を増やす様な事をする前に、早く最小限の所で是正をかける事が一番のポイントです。

返せなくて悩み絶望するよりも、少しづつでも一気に返せなくても、ブラックリストに数年入ったとしても取り立てがなくなり、返済をしっかりしてるんだと思えることで本当にかなり救われますし、あるお金でやりくりするしかないので強制的に同じ過ちを起こさない様に思考や生活が改善されます。

まず悩んだらすぐに弁護士に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする