【転職活動】在職中にできず苦労した事

スポンサーリンク

私が新卒で入社したのは、社員数は20人程度の、一言で言えば「ブラック会社」でした。

拘束時間は長く、基本的に毎日10時間労働は当たり前で、朝から働いて気がついたら次の日の朝を迎えていたという事も多々ありました。終電を逃した時は事務所で寝るか、近くの漫画喫茶へ行くか、タクシーで帰宅するしかありません。ちなみにタクシー代は貰える時もあれば、貰えない時もありました。

 

給料は16.5万円、手取りだと14万円前後です。3ヵ月の研修期間を終え、正社員になる条件として会社の近くに引っ越さなければならなかったのですが、手取り14万円で家賃5万8千円で一人暮らしはかなり経済的に苦しかったです。

 

1年目の2月ごろから辞めたいという気持ちが大きく、でも仕事が忙しく休みが不定期だったのでなかなか転職活動を本格的に始めることはしませんでした。とりあえず転職サイトに登録して、通勤時間のちょっとした時間に求人を見て「いつかは辞めたい」が口癖になっていました。

 

しかしその一年後に過労で体の調子を悪くして、私はこのまま会社に居続けたら死んでしまうと確信したので、辞める事を上司に伝えました。予定では1〜2か月後を予定していましたが、上司に伝えた1週間後に強制的に退職させられてしまいました。

 

予想外の展開で、次の就職先が決まっていない上に転職活動の資金も準備も知識もない状態。何も分からないまま最初はハローワークに通ったり、転職サイトで求人で気になる会社に連絡を取って履歴書を送りました。無事に書類審査が通り、慣れないスーツを着て面接に何回も行きましたが結果的には合計8社ほど落とされました。どうにか社長面接まで漕ぎ着けた会社や、本気でここに入りたいと思っていた会社から不合格の連絡を頂いた日はかなり落ち込みましたが、でも私にはまだまだたくさんの可能性が広がっている、世の中にはたくさんの会社が存在しているのだと思うと、立ち直るのにはそんなに時間はかかりませんでした。

 

最終的に、Indeedで掲載されていた会社で内定を頂き、それが今の会社です。前の会社よりも労働時間は短くなり、固定給ですが年収自体は50万円ほど上がりました。転職活動はとにかく諦めない心と、絶対に譲れない条件と妥協しても良い点はきちんと決めておく事は大切です。もちろん今の会社に不満もありますが、それは私の中で妥協できる部分なのでそこまで苦しくは無いです。また、その軸は自分の今後の人生にもきっと生きていきます。

 

まずは「自分が大切にしたい事(例えばお金やプライベートな時間や趣味)」や「守りたい物(例えば健康や家族)」、「将来どうなっていたいのか」を考えて転職活動に挑んでください。

 

最後に、私は解雇も同然の辞め方だった為会社に対して怒りを現在進行形で抱えたまま過ごしています。しかも、転職活動資金や準備もしていなかったので、転職活動中は金欠状態で日雇いのバイトもしていました。辞める時は事前に金銭面でも精神面でも色々と準備をしておき、そして円満退職できるようにきちんと上司と話し合う事をオススメします。