【転職】面接で「仕事とはあなたにとって何ですか?」と聞かれ、私の答えが…

スポンサーリンク

私は前職にホテルのサービス業を行なっておりました。業務としては凄く楽しく、はっきり言って天職と感じる程でしたが、とにかく給料が低かったです。ひどい時は月に10万程度しかない時期があり、夜にアルバイトを行わないと生活できないくらいでしたので2年間勤務した後に転職を決意しました。

 

転職の方法があまり分からなかったのでとりあえず転職サイトを登録し、活動を開始しました。新しい仕事を探す楽しさはありましたが、自分が思っている以上に転職を待っている会社が多く、これから自分が何をしたいのか、自分にどういったスキルがあるのかを改めて考え直す必要があったので思っている以上に大変でした。

 

私は専門学校卒業でしたので就活は担任の先生に手助けして頂いている部分もあったので1人で活動するのは初めてでした。またホテル業はもちろんスキルは必要ですが特に資格は必要ないので私には大した資格がありませんでした。

 

 

転職先を確認すると結構資格が必要なところが多かったので1人落ち込む時もありました。しかし私が登録した転職サイトのサービスが中々に手堅く、転職先を検索できるのみならず自分に適した職業を調べる事もできました。また業界に関して無資格の募集や初心者でも歓迎して頂ける募集も検索できたのでとても助かりました。

 

 

しかしもちろん転職は甘くないので3社ほど面接を受けましたが正直ボロボロでした。自分の思った事をうまく言えないし、相手が求めている答えを模索するのもうまくいっておらず、諦めかける時期もありました。給料を我慢してホテル業を続ければよかったかなと思う時期もありました。しかし私の無計画だったのですがすでに勤務先は辞めており、その後に転職活動を始めていたのでもう後戻りはできませんでした。

 

 

諦めずに今の自分の強みやアピールポイントを改めて考え直して次の面接に励みました。また転職サイトのサービスとして、転職先の面接のポイントや過去の面接ではどういった事を質問されたのかなどのデータと合わせて面接に備えるサービスがありました。

 

 

これがとても便利で、事前に面接時の心構えができるので参考になりますし、面接の際の緊張感を少し和らげることができるのでとても良いサービスでした。7社目程で今勤めている会社の面接を受けたのですが、私は自分らしさを出そうと思い、面接官の質問に対して全て素直な気持ちで返答しました。今思えば恥ずかしく思う答えが、仕事とはあなたにとって何ですかと聞かれ、お金稼ぎです、と答えたのはあまりに失礼だなと思います。

 

 

でも後々上司に伺うとその素直らしさがあったからこそ採用を決めて頂いたようで面接時の返答の答えは本当にその転職先によって様々なんだと思います。現在転職して4年ほど経ちますがこの会社に就職できて本当に良かったと思います。

 

 

当時は不安や迷いの方が大きかったですが、一歩を踏み出す勇気が大切なんだと実感しています。転職に関してマイナスに気持ちを持つ方も多いかもしれませんが人生の半分は仕事三昧なのですから十分に悩んで先を決める事が重要なのかと思います。